スーパー主婦日々格闘ブログ

スーパー主婦日々格闘ブログ

このサイトについて

管理人のふじです。

 

私ははっきり言ってラーメンは好きだけど、お店に並ぶのは嫌いです。
死んでも並びません。

 

そんな私でもおいしい有名ラーメン店の味が楽しめるのが宅配のラーメンです。

 

店内と比べて味は落ちるのかもしれないけど、それでも店には行かないだろうから、
知らぬが花です。

 

 

<sponserd>
自治体と地域活性のための起業を

最近保険に加入しようと思って色々調べてみました。

 

すると、いい保険、ダメ保険という記事がありました。

 

保険に詳しくない人はどんな保険がいいかなんてよく分からないと思います。

 

しかーし、消費税が増税されるこの時代に無頓着ではいけません。

 

 

よく分からない、そんな人のためにここに少し書いてみます。

 

大手生保だからって安心ではなーい

 

大手でも最悪な保険があるようです。

 

その代表的な保険が「アカウント型保険」

 

アカウントというのは、少し貯蓄になりますよ、その部分をアカウントと呼びますよ、ということらしいです。

 

まー保険はよく分からない専門用語があるので、さっと流しましょう。

 

アカウント型、これだけはだめだったなと覚えておきましょうね。

 

最近は色々なお金の専門家が暴露しだしています。

 

要チェックですね。

続きを読む≫ 2014/03/04 18:30:04

結構、でかい箱で送らてきます。
宅配のお兄さんは愛想のいい、感じがいい方でした。

 

 

中はこんな感じに入ってます。
フリーの詰め合わせにしているので、各野菜のレシピも入ってます。

 

今回の身にトマトは少し酸っぱい感じでした。
サヤエンドウはよかったです。

 

 

人参、じゃがいもは土だらけ。
子供達は畑から野菜を取ってきた感じが出ていいのではないかと思いますね。

 

スーパーの野菜しか見たことがないのであれば、野菜に対して感謝がでないでしょう。

 

 

卵は普通でした。
スーパーの高い卵の勝ち。

 

 

今はまずお試しセットなので、様子見です。

 

昨日こんな記事がありました。

 

http://www.nikkei.com/news/article/g=96958A9C93819695E2E6E2E3948DE2E6E2E0E0E2E3E09180EAE2E2E2

 

栃木産シイタケ、暫定規制値超え 都内で販売
抜き打ち検査で判明

 

厚生労働省は4日までに、東京都内のスーパーで販売していた栃木県産の原木シイタケから国の暫定規制値(1キログラム当たり500ベクレル)を上回る600ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。国立医薬品食品衛生研究所が、流通している商品に対する抜き打ち検査として2日に購入した分で、栃木県が生産地を調べている。

 

国の抜き打ち検査で暫定規制値を超えたのは昨年9月の埼玉県産と千葉県産の茶葉に次いで2品目。

 

(日経新聞より)
ーーーーーーーーーー

 

これ非常に栃木の人はかわいそうです。
もうみんな被害者。

 

安全な食品、すぐに健康被害はでないけど、やっぱり子供達には安全なものを食べさせたい。

 

サービス内容に差はあるのでだろうけど、安全な野菜を選別いて宅配してくるサービスは絶対必要ですね。

 

 

続きを読む≫ 2012/02/05 13:38:05 宅配の野菜

 

力強いコクとマイルドな風味が香るスープは、豚の旨味が極限まで凝縮されたとんこつ100%のスープ。ピリッとした辛さが特徴の自家製辛味噌のトッピングで味の変化を楽しめる。超極細麺は、替え玉付きでボリュームも満足できる一杯。

 

麺は細麺、ピリカラ味

 

 

チャーシュー入ってます。トッピングは自分で準備する。

 

 

トンコツ味、味噌ベース

 

 

 

味は??

 

GOOD!
トンコツは基本好きなのですが、ピリカラがアクセントになっていいです。
細めんにスープがうまく絡む感じで、絶妙です。

 

女性、男性関係なく、おすすめ。

 

ただ、マニアには物足りなさもあるかも。

 

 

宅麺の公式サイトはこちらです。

続きを読む≫ 2012/02/05 13:09:05 ラーメン

一度は食べたい「超人気店」

 

数え切れないほどの店が生まれては消える、ラーメン業界。中でも本物の美味しさを手にした店には、おのずと人々が集まってくる。評判が評判を呼び、行列が絶えない超人気店には必ず一度は足を運んで、その絶妙な味わいを体感していただきたい。

 

(1)埼玉・新座「ぜんや」

 

醤油や味噌などのタレに隠れることなく、麺とスープの美味しさでシンプルに勝負する、塩ラーメン。「塩が美味しい店は本物だ」と言われる中、「究極の塩ラーメン」との声が寄せられるのが、新座「ぜんや」だ。

 

丸鶏と豚骨をベースにホタテなど魚介の風味を加えた、黄金に輝くスープ。そのスープを吸い込んだ、中太のちぢれ麺。シンプルながらも濃厚な旨みに、「これぞ本物」と舌鼓を打つこと間違いなし。東京から通いやすいとは言えない立地ながら、行列が絶えないのも納得だ。

 

(2)東京・門前仲町「こうかいぼう」

 

魚介の出汁は風味が飛びやすいため、タイミングを見ながら鶏・豚・魚介を順に加えてスープを作る。その丁寧な仕事ぶりで、絶妙な味わいを生み出す名店「こうかいぼう」。伊豆大島の自然海塩を用いるなど、素材にもこだわっている。

 

その濃厚な風味のスープに、コシのある中太ストレート麺がマッチ。脂身が甘いチャーシューや、自家製メンマも絶品だ。

 

(3)大阪・深江橋「金久右衛門」

 

「大阪ブラック」という個性的な名前のラーメンで知られる、大阪の代表格。濃口醤油をベースに赤ワインや魚介エキスなども加えたパンチが効いた独特のスープが絶品!
「金醤油」「紅醤油」「黒醤油」という定番ラーメンも人気で、食いだおれの街のグルメたちを魅了し続けている。

 

 


Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/dreque/ramen-syukuba.net/public_html/index.html on line 211

Warning: file(http://dreque.cho88.com/lifestyle/link/65) [function.file]: failed to open stream: Success in /home/dreque/ramen-syukuba.net/public_html/index.html on line 211

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/dreque/ramen-syukuba.net/public_html/index.html on line 213

続きを読む≫ 2012/02/05 01:53:05

健康のために食を考えることは大事です。

食品と健康に関連する情報を掲載します。




Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/dreque/ramen-syukuba.net/public_html/index.html on line 234

Warning: file(http://ohohoho.biz/sys/link/8) [function.file]: failed to open stream: Success in /home/dreque/ramen-syukuba.net/public_html/index.html on line 234

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/dreque/ramen-syukuba.net/public_html/index.html on line 236

続きを読む≫ 2012/02/05 01:52:05
美容に関する情報を集めています。

美しさを保つのは楽ではないですね。
でも科学の進歩でお肌の美しさ、健康維持はちょっとしたことで可能になりました。

定番の美容法、誰もまだ知らない最新の美容法なども紹介していくので是非一度ご覧ください。



Warning: file() [function.file]: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/dreque/ramen-syukuba.net/public_html/index.html on line 262

Warning: file(http://dreque.cho88.com/agaru5/link/43) [function.file]: failed to open stream: Success in /home/dreque/ramen-syukuba.net/public_html/index.html on line 262

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/dreque/ramen-syukuba.net/public_html/index.html on line 264
続きを読む≫ 2012/02/05 01:48:05

いま注目の「ご当地ラーメン」

 

バターラーメンのルーツは、旭川などの寒冷地でスープが冷めないように油膜を張ったことにあると言う。
スープに加わるコシ、北海道の酪農イメージと相まって、全国的に人気が出たのである。このように、その土地の気候風土や特産品、または人々の好みに合わせてさまざまな変化を遂げるのも、ラーメンの魅力だ。

 

旅先でご当地ラーメンを食べることは、その土地の文化を感じることでもあるのだ。そんな各地のご当地ラーメンが今、飛躍的なレベルアップを果たしている。いま注目のご当地ラーメンを、ぜひともチェックしておいていただきたい。

 

(1)茨城「スタミナラーメン」

 

食欲旺盛な男子学生のためのメニューでしょ?と決めつけずに聞いてほしい。これは想像とは全く異なり、地元では老若男女に愛される新感覚ラーメンだ。キャベツやカボチャなどの野菜たっぷり!

 

それらを栄養満点のレバーと炒め、アツアツの「甘辛あん」に。冷水で締めた太麺と甘辛あんとを絡めれば、熱冷の絶妙なコラボレーション。

 

その甘辛あんが後をひき、また食べたくなること間違いなし。レバーが苦手な方にも「このラーメンなら食べられる」と好評だ。水戸「松五郎」が開発したラーメンで本物のレシピは系列店を合わせた5店舗でしか味わえないが、その美味しさと人気っぷりからマネをして類似品を作る店が後を絶たない。

 

(2)鳥取「牛骨ラーメン」

 

豚骨ならぬ、牛骨で出汁をとった薄口醤油スープと、中太のちぢれ麺が特徴。牛馬畜産の街道沿いに発展したのでは?など、そのルーツには諸説あるが、地元で50年以上愛され続けてきた、本物の味わいだ。山陰に訪れる機会があれば、牛脂ならではの甘みと香ばしさを是非とも堪能してほしい。

 

(3)高知「鍋焼きラーメン」

 

土鍋のふたを開けると、ぐつぐつと沸騰した鶏がら醤油スープの中で、歯ごたえのよい細ストレート麺と、青ネギ・ちくわ・生卵が煮込まれている。この風情あふれる一品が、須崎「谷口食堂」で生み出された鍋焼きラーメンだ。同店が閉店後、地元の人々がその美味しさを引き継ぎ、長年守り続けている。

続きを読む≫ 2012/02/05 01:46:05

(3)系列店の増加と豚骨ブーム

 

1974年に営業を開始したのが、横浜「吉村家」。新時代を牽引する【家系】の元祖である。
また同じ頃に【二郎系】の源流・三田「ラーメン二郎」が、2000年前後に【武蔵系】の総本店・新宿「麺屋武蔵」が、その後のラーメンの潮流を変える独特な味わいを打ち出した。

 

そして、それらのレシピを継ぐ弟子たちによって行列が絶えない系列店が次々と生み出されていった。

 

一方、1980年代からスープにも転機が訪れた。

 

いわゆる「豚骨ブーム」の到来である。

 

それまで「鶏がら」出汁で作られるのがスープの主流であったが、九州でもともと食べられていた「豚骨」出汁のラーメンが、全国に一気に広がったのだ。その後、「麺屋武蔵」のWスープや、鳥取の牛骨スープなどさまざまなスープが生まれ、ラーメンをより奥深いものへと変えていった。

 

【家系ラーメン】

 

横浜「吉村家」を源流とし、そこで修行をした弟子たちが横浜を中心に系列店を展開。豚骨醤油ベースに太いストレート麺を特徴とする店が多い。

 

【二郎系ラーメン】

 

野菜や豚肉を強く煮出した濃厚なスープで、脂分が多いのが特徴。気取らない庶民性と武骨な職人気質で人気を呼ぶ。ボリュームが多いので「小ラーメン」から試してみると良い。

 

【武蔵系ラーメン】

 

鶏がら・豚骨による「動物系スープ」と、さんま干し・鰹節・煮干しによる「魚介系スープ」のWスープで話題を呼んだ「麺屋武蔵」を総本店とする。その弟子たちが展

開する系列店では、総本店とは異なる個性がそれぞれ楽しめる。

 

(4)群雄割拠の個性派ラーメン

 

近年では、店主のこだわりが詰め込まれたさまざまな【個性派ラーメン店】が注目を集めている。

 

中でも【変わり種】とまで呼ばれるのが、元フレンチシェフが作る新大久保「麺屋 優創」、スタイリッシュ空間が女性客にも人気の表参道ヒルズ「ミスト」などだ。

 

ラーメンの好みは、十人十色。先述した【キーワード】を参考にさまざまなラーメン店の暖簾をくぐり、とにかく自身の口で食べ比べをしてみよう。あなた好みの一品と、きっと出会えるはずだ。

続きを読む≫ 2012/02/05 01:45:05

(1)日本ラーメンの発祥

 

明治維新の時代に、港町の横浜や函館に伝わった「南京そば」。
それを発祥とし、日本のラーメン文化は幕を開ける。

 

20世紀に入ると、浅草「来々軒」・佐野「宝来軒」・喜多方「源来軒」など各地の元祖と呼ばれるラーメン専門店舗が次々と生まれ始めた。その後しばらく醤油ベースの時代が続いたが、1955年、ついに札幌「味の三平」で味噌ラーメンが誕生!

 

後に札幌味噌ラーメンブームを巻き起こし、ラーメン文化の可能性を大きく広げることとなった。

 

(2)多様なラーメンの誕生

 

実は、味噌ラーメン誕生と同じ1955年に中野「大勝軒」が開発したのが、ラーメン新時代を担うキーワードの一つ【つけ麺】である。
その3年後には武蔵境「珍珍亭」で【油そば】が、さらに6年後には札幌「華平」でバターラーメンが開発されるなど、この時代にラーメンがさまざまな広がりを見せていった。

 

【つけ麺】

 

茹でた麺を冷水で締め、別皿のスープに一口づつ付けながら、ざるそばのように食べるラーメン。通常のラーメンよりもスープが濃く、麺を食べた後にスープで割って味わえる「スープ割」を提供している店も多い。つけ麺の代表格である「大勝軒」と言えば、丸長系の東池袋・中野・代々木上原を指す。

 

【油そば】

 

醤油やラードの入った少量のタレに麺を絡めて食べる、スープのないラーメン。胡椒・ラー油・酢などの調味料を好みで加えていただく。つけ麺と同様、主役の麺にこだわりを持つ店が多い。

続きを読む≫ 2012/02/05 01:44:05

ガツンと来る煮干の風味!新感覚コク旨ラーメン

 

 

吉祥寺の人気店「楽々」が作る「肉煮干しラーメン」は、大量の豚と煮干しの旨味が凝縮された、コク旨スープが特徴的。柔らかい豚バラチャーシューと、スープが染み込んだほぐしチャーシューが惜しみなく入った贅沢な一杯である。

続きを読む≫ 2012/02/05 01:39:05 ラーメン

ホーム RSS購読 サイトマップ